天秤宮

かにを水槽で飼う?

昔から、ペットの定番と言えば犬と猫でしたが、最近は、小鳥やハムスター、カメ、金魚、熱帯魚などなどレパートリーが広がっております。
ところで、カニ専門の料理屋などに行くと、玄関の入り口付近の一番目立つところに、生きたカニを水槽に入れてデスプレーしているのを良く見かけます。これは、カニの新鮮さを強調するためのものと思いますが、このカニはどうやって生かしているのでしょうね。
当然のことながら、水槽に入れる水は海水です。海から汲んできたものを直接入れるのであれば、それに越したことはありませんが、それが出来ないのであれば、海洋生物を扱うペットショップで人工海水を入手して使用することになります。そして、水槽の底には砂と小石を敷き詰めます。
ここまでは、普通の魚を飼う場合と同じです。しかし、かにの飼育の場合は、手のひら大の石も幾つか置いておく必要があります。その理由は、カニの隠れ家を作るためです。カニは石と砂の間に隠れる習性があるため、必ず置いておく必要があります。
次に、餌です。カニは一体何を食べるのでしょうか。海の中で生活している時は、主に死んだ魚類。他にも ヒトデやイカ、エビなども食事として摂ります。
こう考えると、カニの餌を用意するのは大変そうですが、実は、カニは基本的には何でも食べるのです。推奨されているのは、アサリやニボシ、魚の切り身、乾燥エビなどですが、ご飯やうどんを与えても食べますので、それほど、餌で悩むことはありません。
しかし、餌は与え過ぎないことが大切です。これは水槽が汚くなるからです。もう一つは一緒に棲まわせる生物です。カニはなんでも食べますので、小魚やエビ、ヤドカリなどを一緒に入れておくと、朝起きたら、カニしかいなかったなんてこともあり得ます
カニ通販サイト比較&ランキング

© 2017 天秤宮
Designed by Wordpress Themes | Hosting und Webspace --Made free by Free Wordpress Themes | Webmaster Scripts | Spongy Web Directory